必要な資格を取って憧れの医療事務職に就こう

養成学校選びが大切

整体

需要の高まる職業

理学療法士とは、怪我・障害・加齢など様々な理由で運動機能が低下している人を対象に、機能の回復や改善のサポートを行う職業のことです。筋力や関節の機能を回復させるための運動を指導したり、温熱療法や電気療法などで物理的な刺激を与える治療も行います。理学療法士になるには、文部科学大臣または厚生労働大臣が指定した作業療法士養成施設で、3年以上所定の科目を修める必要があります。作業療法士養成施設で学ぶことで受験資格が得られるため、国家試験を受験して試験に合格する必要があります。国家試験は難しいという印象がありますが、理学療法士の合格率は80%代程度と、比較的高い合格率が特徴です。近年では高齢者の増加などの理由でリハビリテーションによる需要が高まり、受験者も増えています。受験者が増えた分、合格率はやや低下し80%から70%に推移していますが、それでも決して低い合格率ではありません。しかしそれは理学療法士の試験が簡単というわけではなく、試験を受ける人のほとんどが専門の養成学校で学び、知識と経験を身に付けた人だからです。理学療法士の養成学校では、勉強で知識を得るのはもちろん、実技や実習で実際の経験を重ねていきます。また、国家試験の合格を目指して試験対策を行うのが一般的で、養成学校によって様々な取り組みがなされています。学校という環境はグループワークにも適していて、学ぶためのモチベーションも維持しやすい仕組みです。