必要な資格を取って憧れの医療事務職に就こう

実践力が第一

看護師

看護専門学校は4年制大学とは違って3年課程なので、現場に出るのが早いという特徴があります。学費は大学よりも安く、付属病院で一定期間働けば返金不要という場合も多いです。実習先が就職する病院であれば、先輩が顔なじみであり、新人にとっては心強いところです。実践力の強い看護専門学校は早く現場で働きたい人にお勧めといえます。

就職や転職を有利にする

女性

医療事務とは、主に病院やクリニックでの受付業務や会計、カルテの記入・管理、レセプト作成業務(診療報酬請求業務)など、医療機関で必要な事務作業を行う仕事です。医療事務の仕事をする上で、資格や免許は必ずしも必須ではありません。しかし、資格を取得することによって、就職や転職に有利になったり、即戦力として採用されやすいというメリットがあります。勤務先にもよりますが、資格手当が支給される場合もあります。また、医療事務の業務を行うにあたって、診療費や薬剤などの計算や診療報酬請求業務に専門知識が必要とされます。資格取得は必須ではないものの、専門知識が要求される場面が多いです。未経験から医療事務へ転職を目指す場合は、資格があった方がやはり有利でしょう。医療事務資格取得するための学習法は色々ありますが、確実に身につけるなら、通信講座を受講したり、スクールに通ってプロの指導を受けるのがオススメです。スクールに通うと、講師に分からない点を直接聞いて、疑問をその場で解決することができます。そして、スクール講師の多くは受験傾向を熟知しており、受験対策用の勉強をすることもできます。通信講座は、時間の制約なく自分の生活スタイルに合わせて学習できることが大きなメリットです。近年カリキュラムも充実しており、従来のテキスト学習やレポート提出に加え、インターネットを使って、ウェブ上で受講可能な通信講座もあります。無料で資料請求できるところが多いので、自分に合った講座内容かどうか、じっくり比較検討してみるとよいでしょう。

学費をサポートしてくれる

男女

病院が経営している看護学校で受けられる奨学金を、病院奨学金といいます。病院に就職して一定期間働くことで返済を免除したり減額してくれたりする制度のことで、他の奨学金と併用することもできます。将来的に就職先となるので、病院の雰囲気もみて学校を選びましょう。

養成学校選びが大切

整体

理学療法士になるには国家試験を受けて合格する必要があります。合格率は70%から80%程度で、受験者の増加に伴い年々低下しています。それでも、養成学校で知識と経験を学んだ人にとっては、決して合格が困難な試験ではありません。